芝ログ!!ーヴァイスシュバルツのブログ

ヴァイスシュバルツの今日のカードについてあげていきます。

今日のカード 1/21 SAO編

 アスナシノンと死銃ですね!

 

f:id:AKira2019:20200121230753p:plain
1.水妖精族の魔法使い アスナ

 ストックに送るタイプの相殺ですね。コスト持ちを倒すことはできませんが、アンコールや控え室に行った時の効果を止められるので、相討ちとしての質はなかなか高いです。

 また、控え室に行った時に回収効果があるので、相討ちを取ってキャラを倒しつつ自身が控え室行った際に回収もできるので、相手の前線を対処しつつ後続を補充できる小回りの効くいいカードだと思います。

 

f:id:AKira2019:20200121230808p:plain
2.必要な存在 アスナ

 ノーコストの後列向けキャラの割にはかなりパフォーマンス高くパンプを振れますね。自ターン中のみとはいえcxを使えば1体には+2000、他のキャラは全て+1000とかなり大きめの上昇値を振り分けられますね。

 リバースを必要とする1レベルのcxコンボ等との相性はかなり良さげですね。

 

f:id:AKira2019:20200121230837p:plain
3.冬の聖域 直葉&佳子&里香

 比較的運用が簡単なタイプの早出し回復キャラですね。起動能力使用により単体で11000を構築次第でいつでも出せるので、助太刀との相性もかなりいいですね。起動効果に反応するカードは「眠気を催すアレというカード名のサイクルにたくさんいるので、その辺と組み合わせるといつでも効果を発揮できて強そうですね。

 

f:id:AKira2019:20200121230915p:plain
4.Urban young generations

 いわゆる立ち集中*1ですね。ストックはかかってしまいますが、山札を一気に回転させられるので、山札の中のcxの密度が少なくなった時に無理やり使えそうですね。

 また、回収対象がキャラなので特徴が違う軸のデッキでも活躍する可能性があるので、そういった方向性での採用もアリですね。

 

f:id:AKira2019:20200121230957p:plain
5.真の殺人者《死銃》

 登場時に控え室回収ができるので、レベル3の早出しなんかを回収すると出したターン中に前線を整えられそうですね。

 また、レベル2以下の相討ち効果を持っているので、スタンバイ等から強い2レベルのキャラを並べてくる相手に対して強く出られますね。そういったキャラはアンコールを持っていて舞台に踏みとどまろうとすることがありますが、「《血盟騎士団》ギルドリーダー ヒースクリフ」の効果を使えばアンコールを封じられるため、ほぼ間違いなく相討ちに持ち込めますね。非常に相性がいいと思います。

 

f:id:AKira2019:20200121231032p:plain
6.強きシノンと弱き詩乃

 経験達成でアンコールが付くガッツンダー*2ですね。早出しで出してきたレベル3を倒した後に、返しのターンをアンコールで耐えて、相手が普通に出してきたレベル3もついでに叩くといった動きができますね。1粒で2度美味しいカードになれそうです。

 

*1:自身や他のキャラをレストすることなく使えるタイプの集中の略称。だいたい手札の総数が増えないように設定されている代わりに、ストックがある限り何度でも使える使用になっている事が多い。

*2:アタック時に正面のキャラがレベル3ならパワーが跳ね上がる効果を持つアタッカーの略称