芝ログ!!ーヴァイスシュバルツのブログ

ヴァイスシュバルツの今日のカードについてあげていきます。

ジョジョ雑記 レベル2編

 大変お待たせいたしました。発売してからだいぶ経ったので、もうすでに食らった人も多いかと思いますが、ここからは私自身が大会等で強かったなと思うカードをまとめました。どうぞ

 

1.裏返しの世界 イルーゾォ&MM

 【自】[(5) 手札を2枚控え室に置く] 相手のターンのカウンターステップの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたはこのカードのバトル相手でレベル1以上のキャラを1枚選び、山札の下に置く。

 

 コストはかなり重いですが、相手キャラをほぼ確定除去しつつ、ダメージを受けなくする効果なので、防御札的な使い方ができますね。アタック後のキャラをスタンバイトリガーの効果等で貼り直して置いておく、というのが理想的な使い方かなあと思います。

 

 

2.地に沈めるもの セッコ&Oa

【永】 他のあなたの《黄金の風》のキャラが2枚以上なら、このカードのパワーを+2000

【自】【CXコンボ】 このカードがアタックした時、クライマックス置場に「チョコラータとセッコ」があるなら、あなたは自分の控え室のキャラを3枚選び、手札に戻してよい。そうしたら、あなたは自分の手札を3枚選び、控え室に置く。

 

 スタンバイトリガーの連動のキャラですね。基本的に9500まで自力で行くのでアタッカーとしての性能はちゃんとありますね。

 また、cxコンボについても手札の総数は変わらないものの1度に3枚もカードを回収できるので、その後の展開が非常にスムーズにできるので、噛み合った時はガンガン狙っていきたいですね。「絶望を蒔くもの チョコラータ&GDと組み合わせてラグなく使えるのも魅力です。

 

3.飽くなき追跡者 NB

【永】 このカードの下のマーカー1枚につき、このカードのパワーを+1000

【自】 このカードのバトル相手が【リバース】した時、あなたは自分の山札を上から1枚見てよい。そうしたら、あなたはそのカードをこのカードの下にマーカーとして裏向きに置く。

【自】[(1) アンコールステップの始めに、他のあなたの前列の【レスト】しているキャラがいないなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、このカードを【レスト】する。

 

 以前紹介した「死者の報復 カルネ」から出せるキャラですね。カルネの効果およびスタンバイトリガーから出せるのでレベル1ら出せる確率は意外と高いです。早い段階から出せればマーカーを貯める時間が増えるので、結構なパワーアップが見込めると思います。

 また、復帰能力が場を離れない仕様になっているので、もし倒されてもマーカーを維持したまま復帰できるのは魅力ですね

 

 

4.破壊の暴風 As

【自】【CXコンボ】 あなたのクライマックス置場に「ひるまぬ精神」が置かれた時、前列にこのカードがいるなら、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードが《黄金の風》のキャラなら、X回、次の行動を行う。『あなたは相手のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを-1000。』Xはあなたの《黄金の風》のキャラの枚数に等しい。(公開したカードは元に戻す)

 

 「圧倒する精神力 ナランチャおよびスタンバイトリガーから出せるので設置難易度はそこまで高くないのはもちろんですが、注目すべきはやはりcxコンボですね−1000を複数回行うという効果なのでかなり自由に振り分けることができます。1体に重ね掛けしてリバースを取りに行ったり低パワーのキャラ複数体を一網打尽にするなど広い範囲での活躍が期待できますね。

 また、パワーマイナスには前列後列の指定がないので、相手の後列の集中などのシステムキャラを控え室に置くことができたりするので(ヴァイスではパワーが0になったキャラはそのまま控え室に送られるルールがあります)舞台の荒らし性能が非常に高いです。複数体並べた場合1体が能力発動に成功すると他のAsも能力発動が確定するところも魅力です

 

 

5.亀の中の部屋

 

【カウンター】 あなたは自分のキャラを1枚選び、手札に戻す。

 

 いわゆるセルフバウンスのカードですね。 自分のキャラを守ることはもちろんのこと、相手のリバースを回避してcxコンボを阻害することもできるので防御ふだとして優秀ですね。一応キャラからも回収できるので防御面に不安を感じるなら採用の余地アリです。