芝ログ!!ーヴァイスシュバルツのブログ

ヴァイスシュバルツの今日のカードについてあげていきます。

ジョジョ雑記 レベル1

 ジョジョ発売を記念して、各レベルより個人的に気になったカードについて書いていくシリーズです。なんとか転スラ発売までには書き上げたい……

 

f:id:AKira2019:20191013120013g:plain
①静かな激情 フーゴ

 【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、そのターン中、このカードのパワーを+1500。

【自】【CXコンボ】 このカードがアタックした時、クライマックス置場に「蔓延する死」があり、他のあなたの《黄金の風》のキャラがいるなら、あなたは自分の山札の上から2枚を、控え室に置き、自分の控え室のレベルX以下の《黄金の風のキャラを1枚まで選び、手札に戻す。Xはこの効果で控え室に置かれたカードのレベルの合計に等しい。(クライマックスのレベルは0として扱う)

 1連動で、控え室のキャラを落下の合計レベル以下まで回収できます。リバース無しで回収ができる点や、自分の能力で控え室を作ることができるので、山札の回転を早めることができるので、序盤の山削りがあまり速くないジョジョ的には重宝されるかもしれません。また能力の性質的に落下させたカードが(イベントやcxじゃなければ)必ず回収できるので、何も起こらないってことはそうそう起こり得ないので、手札を増やす目的は概ね達成できそうです。

 ただ、ピンポイントでカードを回収できるわけではないので、例えばレベル0を複数枚めくったら回収するカードはレベル0のみになり、また3を複数枚めくっても回収できるカードは変わらないので、狙った動きがきっちりできるかと聞かれると微妙かもしれませんね。

 

f:id:AKira2019:20191013120057g:plain

②運命に選ばれしもの ジョルノ

【永】 応援 このカードの前のあなたの《黄金の風のキャラすべてに、パワーを+500し、『【自】アンコール [(2)]』を与える。

【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の控え室の「到達者 G・E・R」を1枚選び、このカードの下にマーカーとして表向きに置いてよい。

【起】[(2) 手札のキャラを1枚控え室に置く] あなたのレベルが3以上なら、あなたはこのカードのマーカーの「到達者 G・E・R」を1枚選び、舞台の好きな枠に置く。そのターンの終わりに、あなたはそのキャラをこのカードの下にマーカーとして表向きに置いてよい。

 今回の弾の看板カード「到達者G・E・R」の相方的なカードですね。(まぁスタンド使いなので、当たり前ですが……)実際にG・E・Rを使うのはゲームの後半なのですが、序盤の早い段階から手札以外のすぐ使える場所に切り札を置いておけることが重要で、手札制限のあるこのゲームではG・E・Rを手札にずっと抱えたままレベル3まで行くのは窮屈なので、手札以外の場所に置いておけるのは後半のプランが立てやすくなるのでありがたいです。また、後列という領域はヴァイスにおいて特別なカードを使わない限り基本的に干渉できない領域なので、より安全にG・E・Rを展開する準備を整えられる点は優秀です。

 ただ単純な支援性能だけを見ると1コストかかる割には+500というそこまで大きなパンプではないことや、付与されるテキストもジョジョはそこまでストックを伸ばせないので活用の機会がどこまであるかは微妙です。

またリターンアイコン(風)をトリガーされてしまうと結構痛いので、過信は禁物です。

 

f:id:AKira2019:20191013120154g:plain

③てんとう虫のブローチ

 【カウンター】 あなたは自分の山札を見て《黄金の風のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルし、自分のキャラを1枚選び、そのターン中、次の能力を与える。『【自】 このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはこのカードをこのカードがいた枠に【レスト】して置いてよい。』

 キャラサーチと盤面の維持を同時に行うことのできる器用なイベントですね。山札サーチなので圧縮率を高めてから相手のダメージを受けられる点も評価高いです。

 

f:id:AKira2019:20191013120213g:plain

④阿吽の呼吸 スクアーロ

 【自】 この能力は1ターンにつき1回まで発動する。あなたが【起】を使った時、そのターン中、このカードは次の能力を得る。『【自】 このカードのバトル相手が【リバース】した時、あなたは自分の山札の上から1枚を、ストック置場に置いてよい。

 起動反応でストックが増やせるので、序盤でのリソース稼ぎがあまり得意ではないジョジョのプールの中では後半のために積極的に使っていきたいですね。起動型能力の条件に関しては集中でもいいですし、「闇を切り裂く光 ブチャラティのようにコスト消費なしで条件を満たせるキャラと合わせるのもアリですね。

またテクニック的には助太刀も起動効果に分類されるので局面によっては相手を返り討ちにしつつストックも増やせるというかなりのアドバンテージを取れるカードになりますね。

 

f:id:AKira2019:20191013120233g:plain

⑤死者の報復 カルネ

【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、そのターン中、このカードのパワーを+X。Xはあなたの《黄金の風のキャラの枚数×500に等しい。

【自】[(2) 手札を1枚控え室に置く] このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「飽くなき追跡者 N・B」を1枚選び、舞台の好きな枠に【レスト】して置く。

 アタック時に最大パワー7000まで到達するのでアタッカーとしての性能もあり、パワーの下がる返しのターンではリバース時に「あくなき追跡者 N・B」を出せるので、攻防共に隙のない1枚ですね。

ただ能力は舞台から控え室に行った時にしか反応しないため、ストックやクロックに送るタイプの相討ちを使われると能力が反応しないので注意が必要です。

 

f:id:AKira2019:20191013120259g:plain

⑥気高き覚悟 ブチャラティ

【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、そのターン中、このカードのパワーを+1500。

【自】【CXコンボ】 このカードのバトル相手が【リバース】した時、あなたのクライマックス置場に「別れを告げる音」があるなら、あなたは自分の山札を上から4枚まで見て、《黄金の風》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加え、残りのカードを控え室に置き、自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+2000。

 山札を削りつつ手札を整えられる。ジョジョのプールの中でレベル1のcxコンボとしては比較的高い性能を持つカードだと思います

 また登場時にパワーが6000まで上昇するので、cxコンボができなくてもアタッカー性能はそこそこあると思います。もし迷った時はひとまずこれを序盤の軸にするとやりやすいかも知れません。

 

今回はレベル1について解説しましたが、ジョジョは後半がとても強いプールなので、次回以降もお楽しみください。