芝ログ!!ーヴァイスシュバルツのブログ

ヴァイスシュバルツの今日のカードについてあげていきます。

今日のカード 10/7 2

ここからは冴えカノのカードになります!

f:id:AKira2019:20191009001927p:plain

 新たなる日々 詩羽&英梨々

 早出しと出した時にプレイヤーのレベル以下のキャラ(レベル2で早出ししたらレベル2以下、3になってから出したら3以下)を手札からコスト支払わず出せます。回復能力持ちを出せば、舞台を強くしつつノーコストで回復といった芸当も可能です。また、レベル2の時に早出ししても2コストかかるキャラをノーコストでプレイできるので、少しコンボ寄りではありますが、決まればかなりのコスパで舞台を強くできます。

 また、アタッカーを出して一緒に攻撃するのも強いですが、過去に紹介した「思わぬ熱意 恵」を出せれば、コストを払わず舞台を強くしながら、手札から出たのでサーチも出来るという異次元の動きも可能な、すごい可能性を秘めた1枚ですね。

 中央と入れ替わる効果ですが、このカードの効果を使って出したキャラを配置を入れ替えることによって守ることが出来たり、相手がリバースを取ることを諦めて弱いカードを出してきた時に、入れ替わって攻撃を受けることで自爆特攻を相手に強要出来るなど、テクニカルな運用が可能です。

 ただこの移動効果は中央のキャラとしか交換できないため、中央のキャラがカウンター等で舞台からいなくなってしまうと入れ替え効果も腐ってしまうので、使う想定ならキャラの配置に注意が必要です。

 

f:id:AKira2019:20191009002311p:plain

切り取られた風景 英梨々

 過去に紹介した「新たなる選択肢 詩羽」を登場時に1コストで控えから出せます。詩羽が比較的大きくストックを使う動きをするので、低コストでキャラを展開できるのはいいですね。また、詩羽自体を引けていなくてもこのカードに触れればここから詩羽を展開できるので、フォローとしては優秀だと思います。

さらにアタック時に最大で13500まで自身の効果で上昇するので、パワー面で不安な相手にぶつけると効果的です。

 加えて先に紹介したレベル3の経験の条件にもなるので、セットで運用してあげたいですね。

 

f:id:AKira2019:20191009002518p:plain

 

ツンとデレのギャップ 英梨々

 相手キャラを一時的に思い出に飛ばせますね。この相手キャラを思い出に送る行為には以下の3つの役割があります。

1・かかってる効果を消す

2・マーカーを控え室に置く

3・ダイレクトアタックをするための枠を開ける。

 特に1番上の役割はゲームの後半の「相手のキャラのソウルを下げる」タイプの能力に対して強く出られるので相手によってはかなり刺さりますね。

また、相手のタイトルによってはマーカーを多用してくるパターンもありマーカーはそれが入ってるキャラが別の領域に行く場合はマーカーは全て控え室に置かれるので、キャラによっては大幅な弱体化を狙えます。

 そしてこのカードは先の能力を使う目的でなくても性能の高い相打ちを持っているため、基本の運用は相打ち目的で、稀に思い出送りを使う、くらいのイメージで運用するといいと思います。

 

f:id:AKira2019:20191009002740p:plain

 二人の決意 詩羽

 登場時に指定ネームのcxを手札から捨てて入れ替える効果ですね。「そして竜虎は神に挑まん」は1の英梨々、「二泊三日の新ルート」はレベル3の詩羽の対応となっているため、局面によってちぐはぐな引き方をしてしまった時に交換して狙った動きに近づける様にしましょう。

 そもそも単レストの控え回収の集中なので、cx交換ができなくても何かしらの仕事は常にある役割の多いカードと言えます。

 ただcx交換はあくまで登場時しか使えないので、出すときは手札と控え室のcxを確認してからプレイしましょう。

 

f:id:AKira2019:20191009003006p:plain

 嫌悪の感情 詩羽

 いわゆる椎名と言われる擬似的なリフレッシュを行うカウンターです。主に自分の控え室や手札にcxが8枚見えた時に、試合を終わらせないために振るカードといった印象です。また、このリフレッシュはあくまで控え室のカードを山札に戻してるだけで、ルールによるリフレッシュではないのでダメージを受けずに山札を復活されることもできます。コストの重い分打ちどころは悩みますが、使いこなせたらかなり強いですね。